日本建築学会大会学術梗概集 (7/7) 2020-2021 前へ>

 

◆2021年度

[1]Hamood Alwashali,Zasiah Tafheem,Masaki Maeda,Matsutaro Seki,Kazuya Tsurugai,Naoyuki Aizawa,Yoshihiro Ogata,

 “Experimental study on the influence of openings on strength and stiffness of RC walls Part 1: Outline of experiment plan”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.149-150,2021年9月.

[2]Zasiah Tafheem,Hamood Alwashali,Masaki Maeda,Matsutaro Seki,Kazuya Tsurugai,Naoyuki Aizawa,Yoshihiro Ogata,

 “Experimental study on the influence of openings on strength and stiffness of RC walls Part 2: Experiment results”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.151-152,2021年9月.

 

[3]A.K.M. Sajadur Rahman,Md. Shafiul Islam,Zasiah Tafheem,Hamood Alwashali,Seki Matsutaro,Masaki Maeda,

 “Evaluation of building characteristics and seismic capacity of existing RC Buildings in Bangladesh”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.353-354,2021年9月.

 

[4]萩原大樹,前田匡樹,Shegay Alex,鈴木裕介,小池拓矢,

 “高変動軸力を受けるRC 造ト形柱梁接合部の曲げ降伏後の軸崩壊に影響する因子の検討”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.381-382,2021年9月.

 

[5]三浦耕太,Aex Shegay,参川朗,藤田起章,前田匡樹,穴吹拓也,増田安彦,栗田康平,関松太郎,

 “RC 造4 層縮小架構の振動台実験による補修補強建物の性能評価 その1 実験計画の概要と常時微動測定による補修補強効果の確認”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.463-464,2021年9月.

[6]参川朗,Aex Shegay,藤田起章,前田匡樹,米澤健次,諏訪仁,三浦耕太,関松太郎,

 “RC 造4 層縮小架構の振動台実験による補修補強建物の性能評価 その2 X 方向の実験結果概要”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.465-466,2021年9月.

 

[7]Aex Shegay,参川朗,藤田起章,前田匡樹,米澤健次,諏訪仁,三浦耕太,関松太郎,

 “RC 造4 層縮小架構の振動台実験による補修補強建物の性能評価 その3 補修によるX 方向の架構全体の耐震性能回復の検討”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.467-468,2021年9月.

 

[8]穴吹拓也,三浦耕太,増田安彦,栗田康平,前田匡樹,Aex Shegay,参川朗,藤田起床,

 “RC 造4 層縮小架構の振動台実験による補修補強建物の性能評価 その4 Y 方向耐震壁の挙動”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.469-470,2021年9月.

[9]米澤健次,三浦耕太,藤田起章,Aex Shegay,前田匡樹,

 “連層耐震壁を有するRC 造4 層建物縮小試験体の振動台実験による被災度評価と応答予測 その6 事前FEM 解析モデルの精度検証”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.475-476,2021年9月.

 

[10]峯岸新,厚澤瑛人,前田匡樹,

 “簡易で実用的なCLT 構造の設計用解析モデルの開発に関する研究 その1 一軸曲げ解析モデルの提案と従来型解析モデルとの比較”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.491-492,2021年9月.

[11]厚澤瑛人,峯岸新,前田匡樹,

 “簡易で実用的なCLT 構造の設計用解析モデルの開発に関する研究 その2 提案型解析モデルによる解析値と実験値の比較”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.493-494,2021年9月.

 

[12]佐藤澪,五十田博,前田匡樹,荒木康弘,中島昌一,三宅辰哉,飯島敏夫,鈴木圭,篠原昌寿,

 “CLT パネル工法の解析モデル簡略化・高さ方向拡充に関する検討 その1 モデル簡略化方針と接合部の簡易モデル”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.495-496,2021年9月.

[13]貴志拓哉,五十田博,前田匡樹,荒木康弘,中島昌一,飯島敏夫,篠原昌寿,佐藤澪, 

  “CLT パネル工法の解析モデル簡略化・高さ方向拡充に関する検討 その2 2 次元モデル及び3 次元モデルによる検証”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.497-498,2021年9月.

 

[14]西村康志郎,藤田起章,Aex Shegay,参川朗,田附遼太,前田匡樹,吉敷 祥一,

 “非構造部材を有する実大RC 造架構の静的載荷実験 その1 研究の位置づけと実験計画の概要”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.607-608,2021年9月.

[15]前田匡樹,藤田起章,Aex Shegay,参川朗,西村康志郎,吉敷祥一,

 “非構造部材を有する実大RC 造架構の静的載荷実験 その2 RC 構造躯体の実験結果”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.609-610,2021年9月.

 

[16]田附遼太,平田延明,藤田起章,林徹,Aex Shegay,前田匡樹,吉敷祥一,八木尚太朗,西村康志郎,

 “非構造部材を有する実大RC 造架構の静的載荷実験 その3 タイル仕上げの実験結果”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.611-612,2021年9月.

 

[17]八木尚太朗,清家剛,巽信彦,磯田充樹,吉敷祥一,前田匡樹,西村康志郎,

 “非構造部材を有する実大RC 造架構の静的載荷実験 その4:LGS 壁と鋼製ドアの損傷の目視観察結果”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.613-614,2021年9月.

[18]清家剛,八木尚太朗,巽信彦,磯田充樹,吉敷祥一,前田匡樹,西村康志郎,

 “非構造部材を有する実大RC 造架構の静的載荷実験 その5:鋼製ドアの機能の確認結果”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.615-616,2021年9月.

 

[19]本田信一,巽信彦,磯田充樹,八木尚太朗,吉敷祥一,清家剛,前田匡樹,西村康志郎,

 “非構造部材を有する実大RC 造架構の静的載荷実験 その6 LGS壁と鋼製ドアの挙動”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.617-618,2021年9月.

 

[20]藤田起章,Aex Shegay,参川朗,前田匡樹,田附遼太,平田延明,西村康志郎,吉敷祥一,

 “非構造部材を有する実大RC 造架構の静的載荷実験 その7 非構造部材の損傷から構造部材の損傷度を推定する方法の提案とその検証”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.619-620,2021年9月.

 

[21]原甲己,西村康志郎,伊山潤,八木尚太朗,福島佳浩,宮崎祥太,吉敷祥一,前田匡樹,

 “非構造部材を有する実大RC 造架構の静的載荷実験 (その8:加速度センサを用いた計測結果)”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.621-622,2021年9月.

 

[22]Ahmad Ghazi Aljuhmani,Hamood Alwashali,Masaki Maeda,Matsutaro Seki,

 “Study on failure mechanisms and lateral strength evaluation of RC frame with CLT infill”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.639-640,2021年9月.

 

◆2020年度

[1]小笠原絢香,厚澤瑛人,Ahmad Ghazi Aljuhmani,前田匡樹,Hamood Alwashali,Alex Shegay ,

 “CLT パネルのせん断耐力・剛性に開口が及ぼす影響に関する研究 その 1 研究の目的と実験計画”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.41-42,2020年9月.

[2]小笠原絢香,厚澤瑛人,Ahmad Ghazi Aljuhmani,前田匡樹,Hamood Alwashali,Alex Shegay ,

 “CLT パネルのせん断耐力・剛性に開口が及ぼす影響に関する研究 その 2 実験結果と構造性能の評価”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.43-44,2020年9月.

[3]Ahmad Ghazi Aljuhmani,Atsuzawa Eito,Alex Shegay,Ogasawara Ayaka,Hamood Alwashali,Masaki Maeda,

 “Study on the influence of openings on the strength and stiffness of CLT wall panels Part 3: Comparison of the experimental results with FEM nalysis”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.45-46,2020年9月.

[4]Hamood Alwashali,Ogasawara Ayaka,Atsuzawa Eito,Ahmad Ghazi Aljuhmani, Alex Shegay, Masaki Maeda,

 “Study on the influence of openings on the strength and stiffness of CLT walls panels Part 4: Strain distribution of the experiment using DIC method and comparison with FEM analysis”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.47-48,2020年9月.

​[5]Zasiah Tafheem,Hamood Alwashali Alex Shegay,Debasish Sen ,Md. Shafiul Islam,Seki Matsutaro,Masaki Maeda,

 “A review study on the effect of openings on the seismic performance of RC wall panels”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.305-306,2020年9月.

[6]加川大樹,西田智康,鈴木裕介,前田匡樹,小池拓矢,清原俊彦,

 高変動軸力下で接合部降伏が生じるRC造架構の崩壊挙動と構造性能評価 その1 実験概要及び結果”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.353-354,2020年9月.

[7]西田智康,加川大樹,鈴木裕介,前田匡樹,藤原薫,迫田丈志,

 “高変動軸力下で接合部降伏が生じるRC造架構の崩壊挙動と構造性能評価 その2 崩壊挙動の分析及び評価”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.355-356,2020年9月.

[8]前田匡樹,藤田起章,田畑佑,三浦耕太,Aex Shegay,Hamood Alwashali,関松太郎,

 “連層耐震壁を有するRC造4層建物縮小試験体の振動台実験による被災度評価と応答予測 その1 研究の位置づけと実験計画の概要”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.441-442,2020年9月.

[9]Aex Shegay,藤田起章,田畑佑,三浦耕太,前田匡樹,Hamood Alwashali,関松太郎,

 “連層耐震壁を有するRC造4層建物縮小試験体の振動台実験による被災度評価と応答予測 その2 実験結果概要”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.443-444,2020年9月.

[10]三浦耕太,藤田起章,田畑佑,Aex Shegay,前田匡樹,Hamood Alwashali,関松太郎,

 “連層耐震壁を有するRC造4層建物縮小試験体の振動台実験による被災度評価と応答予測 その3 架構の安全限界と破壊形式の評価”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.445-446,2020年9月.

[11]田畑佑,藤田起章,三浦耕太,Aex Shegay,前田匡樹,Hamood Alwashali,関松太郎,

 “連層耐震壁を有するRC造4層建物縮小試験体の振動台実験による被災度評価と応答予測 その4 加速度センサ記録に基づく修正解析モデルによる建物応答予測に関する検討”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.447-448,2019年9月.

[12]藤田起章,田畑佑,三浦耕太,Aex Shegay,前田匡樹,Hamood Alwashali,関松太郎,

 “連層耐震壁を有するRC造4層建物縮小試験体の振動台実験による被災度評価と応答推定 その5 部材の変形性能を考慮した残存耐震性能評価法の提案と実験結果への適用”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.449-450,2019年9月.

[13]Md. Shafiul Islam,Debasish Sen,Zasiah Tafheem,Hamood Alwashali,Matsutaro Seki,Masaki Maeda,

 “Failure modes and capacity evaluation of Ferro-cement laminated masonry infilled RC frame Part 1: Identification of possible failure modes”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.831-832,2019年9月.

[14]Debasish Sen,Md. Shafiul Islam,Zasiah Tafheem,Hamood Alwashali,Matsutaro Seki,Masaki Maeda,

 “Failure modes and capacity evaluation of Ferro-cement laminated masonry infilled RC frame Part 2: Proposal and validation of capacity evaluation”,

 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.833-834,2019年9月.

 ページ上部へ