2018年1月17日に地震計を設置しました。

地震などの多くの荷重・外力が作用した際の挙動に関するデータを収集し、調査・分析するとともに、県内をはじめとする建築構造技術者に情報提供するために、建物の架構の挙動について、以下のような観測を計画しています。
 

(1) 架構の地震時振動性状
・使用機器:MEMS センサ(富士電機製・感振センサ)PoE HUB、PC
・設置個所:RC 基礎底版上、RC 基礎梁端(CLT 壁脚部)

      LVL リング梁上(CLT 壁頂部)
(2) 木ダボによるCLT 接合部の性状
(3) CLT、LVL による階段式座面の長期たわみ性状
(4) RC 基礎梁の長期たわみ性状

 

〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-11総合研究棟
            Miyagi, Sendai, Aoba Ku, Aramaki Aza Aoba
            6-6-11, Engineering Laboratory Complex Building.

 

           1219号室 TEL:022-795-7872(教授室)(professor's ofiice) 

      1220号室 TEL:022-795-7873(学生室)(students' room)

           FAX:022-795-7893