​機械式定着工法 研究会

本プログラムの目的

従来の折り曲げ定着工法と比べ、施工性・経済性に優れた機械式定着工法が2000年代から普及してきているが、

定着工法の違いが構造体の耐力及び破壊性状に影響を及ぼすことが懸念されている。

そのため本研究会では従来工法に比べ機械式定着工法が構造特性に与える影響を検証している。