鉄筋コンクリート構造の設計

 

■ 講義内容
 鉄筋コンクリート建物の構造計画から、構造設計の基本的考え方や実務の流れについて講義する。各自が設定した建物について、実際に一連の構造設計の作業を行う演習により、これらを理解することを目指す。

 

■ 講義・演習の進め方
(1) 講義は、下記の予定に沿って、例題の建物の構造設計の一連の流れについて説明を行う。
(2) 一連の説明が終わった後、各自それぞれ建物を設定して構造計画、構造設計を行い、構造計算書を作成する。有名建築や

  自分の設計作品など(RC系の建物であれば)対象は何でも良い。(バラエティがあるほうが面白いので、特徴のある建物

  を題材に選んでくれることを期待します)
(3) 発表①~④の時間には,各自の構造設計の内容を発表し,全員でディスカッションする。

 

■ 講義の予定 
毎週水曜日 14時30分~16時10分 総合研究棟12階セミナー室

 

 

 回           内容             配布資料    演習問題    その他配布資料

 1     ガイダンス、設計対象建物(例題)の説明   Download   1章       予定表

 

 2     構造計画と構造設計の流れ           Download          

 

 3     建築基準法の構造設計規定                               Download                        

 

 4     発表① 設計建物の概要と構造計画                                                                              

 

 5     発表② 設計建物の概要と構造計画                                                                      

 

 6     構造物のモデル化と構造解析                           Download            

 

 7    常時荷重に対する性能の検証、プログラムによる応力解析      Download        2章     骨組解析マニュアル   

 8    地震力に対する性能の検証                             Download    3章    Pushoverマニュアル

 

 9    発表③ 常時荷重と地震力に対する性能の検証                        

 

 10   部材の耐力と変形性能の評価(保証設計)

 

 11   発表④ 常時荷重と地震力に対する性能の検証

 

 12   最新の構造設計の考え方

 

★ 構造設計の実務家による特別講義を行う予定

★ 発表①-④では、各自の設計の結果(途中経過)を発表する

■ 成績の評価 
出席(20%)、発表の内容(30%)、設計建物の構造計算書(50%)を総合して評価する。

 

■ 教科書・参考書

 

教科書:日本建築学会関東支部,「鉄筋コンクリート構造の設計 学びやすい構造設計」,技報堂

        教科書は必ず購入すること。学生や社会人1~2年目程度の初心者を対象に,RC造建物の構造設計の具体的な考え方や

        計算方法を詳しく解説している。講義でも使用するし,将来必ず役に立つ。

 

参考書:日本建築学会,「鉄筋コンクリート造建物の靭性保証型耐震設計指針・同解説」,丸善

        限界状態設計法の考え方を取り入れ、靭性のあるフレーム構造を設計する。高層RC造の実務でも使われている。

 

参考書:日本建築学会,「鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価指針・同解説」,丸善

        使用限界、修復限界、安全限界の性能の確認、地盤条件に基づく地震動の評価、信頼性理論に基づく破壊確率の評価         など、最新の知見を取り入れた性能評価法が示されている。

 

参考書:日本建築学会,「鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説-許容応力度設計-1999」,丸善

        RC造建物の構造設計では必ず参照する本。講義では直接使用しないが,構造設計者は必ず持っている本なので,持っ         ていて損はない。

 

■ 使用プログラム

 平面骨組解析プログラム  

 pushover解析プログラム  

〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-11総合研究棟
            Miyagi, Sendai, Aoba Ku, Aramaki Aza Aoba
            6-6-11, Engineering Laboratory Complex Building.

 

           1219号室 TEL:022-795-7872(教授室)(professor's ofiice) 

      1220号室 TEL:022-795-7873(学生室)(students' room)

           FAX:022-795-7893