​山形県長井市・白鷹町 木造建築先進事例視察

令和元年6月19日(水)に山形県長井市と白鷹町の木造建築を見学しました。

​見学前日に大きな地震がありましたが、長井市、白鷹町に大きな被害はなく予定通り見学することができました。

長井市旧長井小学校 第一校舎

昭和8年に建築され80年以上校舎として使われ、平成21年には登録有形文化財に登録された建物です。平成27年に耐震性などの安全面から使用を休止し、耐震、内装工事を経て今年4月に市民の「学び」と「交流」の場として新たに開館しました。建築当初の雰囲気をそのまま残した廊下や階段は美しく磨き上げられ、地元との人に大切に使われているのを感じました。

ご案内くださいました鈴木建築設計事務所の齋藤様、ありがとうございました。

平成29年10月に研究室で免震化の工事の時に現場を見学させていただいた際の記事はこちら。https://www.maedalab-tohoku-u.com/20171019

白鷹町庁舎

木造2階建で役場、中央公民館、図書館の機能が一体となった施設でした。構造材から仕上げまで、町産材が使われてあり、建物に入った瞬間に木の温もりや香りを感じる施設でした。1階の真ん中に作られた町民ラウンジでは、高校生が勉強したり昼食をとっていたりしました。温かみがあって開放的な町役場として沢山の方に利用されているとのことでした。

ご案内くださいました企画調整課の加藤様ありがとうございました。

白鷹町文化交流センター AYu:M(あゆーむ)

町外の日知人との交流を促進する街づくりの拠点として2008年に建てられたRC造一部木造の施設です。文化伝承発信ゾーン、ギャラリーゾーン、多目的ゾーンの3つから構成され、コンサートや展示など様々な催しが行われていました。多目的ゾーンの音楽ホールは本格的な専門ホールと同等の機能を備えており、地元の方はもちろんプロの音楽家も利用されているとのことです。

​ご案内くださいました橋本館長様ありがとうございました。

特別養護老人ホーム 白光園

来年1月末に完成予定の建設工事現場を見学しました。白鷹町産の杉を用いた構造用の集成材、CLT、合板を使用し、給湯設備には木質バイオマスボイラーを設置し地域の木材が有効活用されていました。木造平屋建で、梁や壁の一部は木の現しとなるそうです。

おきたま木材乾燥センター

置賜地域の林業発展のために地元産木材の活用と価値向上を目的とし地元の企業6社合同で建設されました。地元の山で育った木が、地元で製材、乾燥、加工され、地元の建物に使われているそうです。現場のニーズに対応したサイズや品質の木材を安定的に提供出来るとのことです。

​ご案内くださいました大滝事務長様ありがとうございました。

あゆ茶屋

梁漁で有名なあゆ茶屋で昼食を取りました。この日はあゆの稚児を川に放流しており、秋には大きく成長した鮎が上流から泳いできて梁にかかるそうです。

〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-11総合研究棟
            Miyagi, Sendai, Aoba Ku, Aramaki Aza Aoba
            6-6-11, Engineering Laboratory Complex Building.

 

           1219号室 TEL:022-795-7872(教授室)(professor's ofiice) 

      1220号室 TEL:022-795-7873(学生室)(students' room)

           FAX:022-795-7893